SIN医療福祉カレッジ
ホーム 組織概要 現場技術習得 お問合せ
ホーム 組織概要 現場技術習得 お問合せ
 2006年開校から9周年になりました。
開校以来、精神障害にも対応できる心理カウンセラー育成を目指してきました。
 2012年からは、より実践的な能力を身につけるため、精神障害者を対象とした就労移行支援事業所(障害者総合福祉法で定められた事業所)である『SIN医療福祉サービス』の運営も行っており、心の問題の回復を実現させた精神障害者を、数多く社会に復帰させてきています。
 日本のカウンセリンングは、何十年もロジャーズの理論を中心にしたカウンセリングが行われています。基本的に『傾聴』が中心となります。私自身もロジャーズの理論は素晴らしいものであるとは思いますが、しかし、現場ではどうでしょう?
確かにロジャーズはPTSDの緩和などのカウンセリングやアィデンティティ形成後のカウンセリングにおいては効果は発揮します。しかし、クライアントの心の問題の根本にはアダルトチルドレンや発達障害などの要素が加わっているケースが多く、認知行動療法やアドラー、コフート、フランクルなどの理論を総動員させて支援を行います。どちらかといえば、『我慢させる』『頑張らせる』『視点の変容』・・・などが効果を生むケースの方が非常に多いと感じます。
 肩書きだけの心理カウンセラーではなく、成果の出せる心理カウンセラーを目指していませんか?


 当校の講座は、基本的にある程度の心理学や精神医学の知識保有者を対象に考えています。(初心者の方はご相談ください)

特に精神保健福祉士などの資格を持った方には、現場の技術を学べる非常に貴重な場であると思います。また、各種心理士の資格を保有されている方でも、ロジャーズに限界を感じている方も是非、お問い合わせください。

 受講終了後は、当社、就労移行支援事業所や関連の就労移行支援事業所、企業の障害者支援員などの活躍もバックアップもしていきます

 講義は基本的にマンツーマンが2〜3人までの少人数制です。授業時間帯は平日夕方以降、もしくは土日に設定させていただきます。

 



Copyright (C) 2015 トップメディカル有限会社